このホームページでは、各種モニタ(CRT・液晶・プラズマ)、マウス、キー ボードの
延長・増設、HDDのデータコピー/データ消去、指紋認証など、普段あまり目にする
ことのない製品を取り扱っています。
SPECTREのホームページへようこそ!!
あなたの選択は間違っていません SPECTRE Corporation
株式会社スペクトル

  1. ホーム
  2. スキャンコンバータートップ
  3. アップスキャンコンバーターXRGB-3
XRGBシリーズ
アップスキャンコンバータ
 DVI対応版
XRGB−3

販売終了いたしました。ありがとうございました。
標準価格:39,744円(税込)
販売価格:33,782円(税込)

※送料、代引き手数料は頂戴いたしません。




いただきましたお客様の声の中から1件ご紹介いたします。
個人情報保護の観点から、お客様のお名前等の個人を特定できる情報の公示はお客様の承諾を
得た場合以外は控えさせていただきます。


【XRGB−3のご利用状況】
■XRGB−3からの出力  : PC用21インチCRTモニタ
■XRGB−3への入力  : S-VHSビデオデッキ、DVDレコーダー、
デジタルBSチューナー
■使用前の状況 :
部屋が狭いのでテレビとPCのディスプレイを兼用し、他社製のチューナー付VGA出力アップスキャンコンバータを5年ほど使用していました。

■使用後の状況 :
今まで使っていたものもそれなりに満足でしたが、XRGB−3に買い替え、あまりの画質の差に驚きました。
昔録ったビデオもキレイに映りますし、買って良かった!


ありがとうございました!
お客様の声は、今後の製品開発のための重要な資料として、またスタッフの活力剤として大事に取り扱わせていただきます。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

さあ、あなたは何を映しましょうか。
XRGB−3はビデオ映像信号(NTSC信号やS映像)や、D端子から入力されたハイビジョン映像を、パソコン用液晶モニタやCRT(ブラウン管モニタ)に表示させるユニットです。


■XRGB−2plusと、どこが違うの?
前製品XRGB−2plusは、15kHzのビデオ信号をアップスキャンしてアナログRGB(31kHz VGAモード)に変換していましたが、XRGB−3では、入力できる映像信号が大幅に改良されています。
さらに、デジタル(DVI)に対応、また以前からのテーマだった液晶モニタ対応を完全なものにしました。
1.入力信号
【コンポジットビデオ信号とSビデオ信号】
3次元Y/C分離回路搭載により、ビデオ映像の再現性を向上しました。また、NTSC映像の4倍サンプリングにより画面の鮮明度を向上させました。
【D端子映像】
従来はD1映像信号のみ対応していましたが、D2〜D4映像も入力可能にすることにより、525i、525p、1125i、750pの映像が入力できます。
2.出力映像
最大解像度1600x1200(UXGA)に対応し、液晶モニタに対応させました。その他に、1024x768(XGA)、1280x1024(SXGA)の出力が可能です。
また、従来はアナログRGB出力だけに対応していましたが、デジタルRGB出力にも対応しました。
3.子画面表示
通常のパソコン操作をしながら、パソコンの画面上に子画面を表示させ、その子画面でゲーム映像やDVDなどの映像を見ることができるようになりました。(PC in P、Win in Pで説明)
PC in P、Win in Pって何?
パソコンを普通に操作しながら、画面上に小さな子画面(オーバーレイ表示)を表示し、その子画面にDVD映像などを表示させる技術です。
1.PC in P(ピーシーinピクチャーの略)
XRGB−3の映像が、パソコン用モニタ画面の一番手前に表示されます。
子画面のサイズと位置は自分で調整が可能で、自由に調整できます。
2.Win in P(ウィンinピクチャーの略)※現在特許申請中
XRGB−3だけの機能です。
Windows用の表示ソフトをインストールすると通常のウィンドウ表示の場所にウィンドウを開き、DVD映像などを自由に表示できます。(対応OS:Windows2000pro、XP Home、XP pro)
もちろん表示場所は自由自在。
XRGB−3内部で画像処理を行っているため、映像の遅延を感じることなく、スピード入力を要する格闘ゲームやレーシングゲームでも快適に表示します。

■XRGB−3の特徴
ハイビジョン映像にも対応し、液晶ディスプレイにも表示可能
NTSC映像信号(ビデオ映像やS映像)や、D端子から入力されたハイビジョン映像をパソコン専用ディスプレイ(液晶ディスプレイやブラウン管ディスプレイ)に表示可能。XRGB-2plus(弊社従来製品)と比べ、新たに液晶ディスプレイにも正式対応いたしました。  
D4入力端子付きなので525i、525p、1125i、750pの映像を入力可能
XRGB-2plus(弊社従来製品)ではD1までだったD入力映像を、XRGB-3ではD4入力まで対応。最新ゲーム機の映像やハイビジョン映像も楽しめます。
デジタルRGB(DVI-D)、アナログRGB(15ピン)でディスプレイに接続可能
ついにデジタルRGB(DVI)に対応。デジタル接続により、液晶ディスプレイに映像をクッキリ表示できます。
1024×768/1280×1024/1600×1200ドットの液晶およびブラウン管ディスプレイに対応
より解像度の高い3つの画面モードに対応。液晶ディスプレイ側のズーミングを使用しないため、ボヤけず、より鮮明に表示できます。
※液晶ディスプレイの解像度が1024×768/1280×1024/1600×1200ドットのいづれかに対応している必要があります。
パソコン画面上にビデオ映像などを子画面表示可能
新たに子画面表示にも対応。PCinP(ピーシー・イン・ピクチャー)とWINinP(ウィン・イン・ピクチャー)の2つのモードを用意。WINinPではWindowsパソコンに専用ソフトウェアをインストールすることにより、ウィンドウ内に子画面表示を行うことができ、マウスで位置やサイズを変更することが出来ます。
※Windows2000Professional及びWindows XP HomeEdition/Professionalに対応。
フルRGB処理(24bit)、フルデジタル処理
100万ゲートのFPGAによる弊社独自のデジタル画像処理で、ゲーム機の映像に最適化された信号処理を実現。もちろん、D3映像の動き適応型I/P変換回路により、ハイビジョン映像の動きの速いシーンでも、エッジ部分をなめらかに再現することが出来ます。
3次元デジタルY/C分離回路搭載により、ビデオ映像のニジミを低減
Y/C分離回路を3ライン・デジタルくし型フィルターから、3次元デジタルY/C分離回路へとパワーアップ。よりニジミの少ないビデオ映像が楽しめます。
NTSC映像信号を4倍オーバーサンプリング
4倍オーバーサンプリングにより、余裕のある信号処理を実現。NTSC映像が、より高画質になりました。
数々の画質調整機能を搭載。例えばガンマ補正で、画面の薄暗い部分も明るく表示可能
ガンマ補正をはじめ、個別ガンマ補正、明るさ、個別明るさ、黒レベル、鮮明度、色合い、色の濃さを調整可能。
※画面全体の明るさはディスプレイの性能に依存します。入力信号の種類によっては調整できない項目もあります。
リモコン付属なので、離れた場所からの電源オン、入力切替、画面調整が可能
XRGB-2plus(弊社従来製品)のカード型リモコンから、握りやすい形状に変更。子画面のダイレクト位置選択ボタンで、面倒な子画面の移動も素早く行えます。
パソコン映像をディスプレイにスルー出力することが可能
XRGB-3にパソコンが接続されていれば、パソコンの映像をディスプレイにスルー出力することが可能。もちろん、アナログ、デジタル(DVI)の両方に対応しています。
※スルー出力の際は、XRGB-3の電源を常に「オン」にしておく必要があります。
USB端子によるファームウェア・アップデートに対応
USB端子(USB2.0 Full-Speed)を使って、ユーザー自身でファームウェアをアップデートすることが出来ます。
今後、機能の追加や修正がスムーズに行えます。

■XRGB−3接続イメージ


■入力側に接続できる映像機器
■XRGB-3の入力端子にはNTSC仕様の映像機器や家庭用ゲーム機を接続することができます。また、D端子から525i、525p、1125i、750pのコンポーネント・ビデオ映像などを入力することができます。
下記は接続可能な機器の例です。
ビデオ出力端子(コンポジット出力)を持つ映像機器や家庭用ゲーム機。
S出力端子を持つ映像機器や家庭用ゲーム機。
D出力端子を持つ映像機器や家庭用ゲーム機(コンポーネント・ビデオ端子をご使用の場合は同梱の変換ケーブルを使用して映像を入力可能です)。
21ピンRGBマルチ出力端子を持つ家庭用ゲーム機(水平同期15kHz対応)。
15ピン・アナログRGB出力端子を持つ家庭用ゲーム機(水平同期31kHz対応)。
■XRGB−3の出力端子に接続可能なディスプレイ
■デジタルRGB(DVI)入力端子やアナログRGB入力端子を持つ液晶ディスプレイまたはブラウン管ディスプレイに対応可能(図1、図2、図3の端子を持つ機種)。対応画面モードは、下記、表1参照。

■音声や映像を入力できる機器
XRGB-3の入力端子にはNTSC仕様の映像機器や家庭用ゲーム機を接続することができます。また、D端子から525i、525p、1125i、750pのコンポーネント・ビデオ映像などを入力することができます。
下記は接続可能な機器の例です。
●ビデオ出力端子(コンポジット出力)を持つ映像機器や家庭用ゲーム機。
●S出力端子を持つ映像機器や家庭用ゲーム機。
●D出力端子を持つ映像機器や家庭用ゲーム機(コンポーネント・ビデオ端子をご使用の場合は同梱の変換ケーブルを使用して映像を入力可能です)。本機に映像や音声を入力できる機器
●21ピンRGBマルチ出力端子を持つ家庭用ゲーム機(水平同期15kHz対応)。
●15ピン・アナログRGB出力端子を持つ家庭用ゲーム機(水平同期31kHz対応)。



■レイアウト
前面


 

背面


 


XRGB−3
販売終了いたしました。
ありがとうございました。


標準価格:39,744円(税込)
販売価格:33,782円(税込)


※送料、代引き手数料は頂戴いたしません。
■本体仕様
入力 映像 ビデオ端子(RCA端子)
   ビデオ(NTSC準拠)
   1Vp-p(75Ω)
S端子(4ピン・ミニDIN端子)
Sビデオ(NTSC準拠)
   Y信号 1Vp-p(75Ω)
   C信号 バースト信号部で0.286V(75Ω)※「S入力端子1」はS1信号に対応。
D4端子(MDR-14ピン)
   Y信号 1Vp-p
   P
B信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
   P
R信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
   525i (480i), 525p(480p), 1125i (1080i), 750p(720p)対応
21ピンRGBマルチ端子
 アナログRGB入力時
   垂直同期周波数:60Hz
   水平同期周波数:15kHz
   RGB信号:0.7Vp-p(75Ω/220Ω)、複合同期信号:0.3Vp-p 負極性
 コンポーネント・ビデオ(Y,P
B,PR)入力時
   Y信号  1Vp-p
   P
B信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
   P
R信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
   525i (480i), 525p(480p), 1125i (1080i), 750p(720p)対応
15ピン・アナログRGB端子(15ピン・ミニD-SUB)
 セパレート同期入力時(HVsync)
   垂直同期周波数:60Hz
   水平同期周波数:31kHz
   RGB信号:0.7Vp-p(75Ω)、同期信号:TTLレベル
 複合同期入力時(Csync)
   垂直同期周波数:60Hz
   水平同期周波数:15kHz
   RGB信号:0.7Vp-p、同期信号:0.3Vp-p 負極性
29ピン・DVI-I 端子
   垂直同期周波数:60Hz〜85Hz(パソコン映像入力時)
   水平同期周波数:31kHz〜75kHz(パソコン映像入力時)
   最大帯域幅162MHz(ただし水平ドット数が1,600ドット以下であること)
 デジタルRGB信号
   TMDS方式(シングルリンク)
   映像信号:0.5Vp-p(50Ω)
 アナログRGB信号
   RGB信号:0.7Vp-p(75Ω)、同期信号:TTLレベル(セパレート同期)
音声 オーディオ入力:RCA端子
ライン入力(PC):ステレオ・ミニピン端子
出力 映像 15ピン・アナログRGB端子(15ピン・ミニD-SUB)
   垂直同期周波数:60Hz〜85Hz(スルー出力時)
   水平同期周波数:31kHz〜75kHz(スルー出力時)
   最大帯域幅162MHz(ただし水平ドット数が1,600ドット以下であること)
   RGB信号:0.7Vp-p(75Ω)
   同期信号:TTLレベル(セパレート同期)
24ピン・DVI-D端子
   垂直同期周波数:60Hz/75Hz(スルー出力時)
   水平同期周波数:31kHz〜75kHz(スルー出力時)
   最大帯域幅162MHz(ただし水平ドット数が1,600ドット以下であること)
   TMDS方式(シングルリンク)
   映像信号:0.5Vp-p(50Ω)
音声 ライン出力:ステレオ・ミニピン端子
ヘッドフォン端子:ステレオ・ミニピン端子
電源 専用ACアダプターにより供給
   電圧:DC 11V 最大消費電流:2A
本体寸法 横292mm×高さ49mm×奥行き133mm(ボタン、コネクター、ゴム足の凸部を除く)
重量※1 本体:約750g ACアダプター:約200g
※1: 重量は生産時期によって若干変わることがあります。

■ディスプレイや表示、接続、画質に関するご注意
本機は、HDCPには未対応です。HDCP対応のDVI端子の映像やHDMI出力端子から出力される映像を本機に入力しても、ディスプレイに映像は表示されません。
ディスプレイとパソコンが一体型になったパソコンやディスプレイには、本機を接続できません。
対応していない画面サイズの液晶ディスプレイには、本機を接続しても映像を正しく表示できません。
パソコンと本機、及び本機と液晶ディスプレイをDVI-Dケーブルで接続する場合は、信頼のおけるメーカーの製品をご使用ください。
本機を介してパソコンのアナログRGB映像を出力すると、鮮明度などが若干低下します。
本機の電源が「オフ」または「待機(スタンバイ)」の状態では、接続しているパソコンの映像をスルー出力できません。
映像信号がTTL方式のデジタルRGB端子やDFP端子を持つディスプレイには接続できません。
本機はデュアルリンク接続のDVI-D端子を持つパソコンやディスプレイには対応しておりません。
画面の明るさはディスプレイの性能に依存します。このため家庭用テレビの様に明るく表示することはできません。
液晶画面の描画速度は、液晶ディスプレイの性能に依存します。
液晶プロジェクターや三管式プロジェクターとの接続に関しては動作保証いたしません。
本機で変換した映像は、表示するディスプレイの画面サイズ(ドット数の違い)により映像の表現(質感)が異なります。
接続するディスプレイの機種によって、映像の色合いなどが異なることがあります。
本機で変換した映像の色合いは、ディスプレイの表現力に依存するため、家庭用テレビと色合いを同じにすることはできません。
蛍光体が中残光や長残光のブラウン管ディスプレイでは、画面に残像が表示されるため、接続はおすすめできません。
NEC社PC-9801専用ディスプレイ(640×400ドット・水平同期周波数24kHz)やパソコンには対応しておりません。
640×480ドット(水平同期周波数31kHz)や800×600ドット(水平同期周波数38kHz)までしか対応していないディスプレイには対応しておりません。
ブラウン管ディスプレイ(マルチスキャンディスプレイ)に映像を表示した場合、画面比率が変わってしまうことがあるため、ディスプレイ側で画面比率などを調整する必要があります。このため、画面比率を調整できないディスプレイとの接続はおすすめできません。
本機にはデジタルRGB出力端子(DVI-D)とアナログRGB出力端子(15ピン)の2つの映像出力端子がありますが、これらの端子に同時にディスプレイを接続することはできません。本機に接続できるディスプレイは、1台のみです。
入出力の端子は正しくご使用ください。入力ケーブルを出力端子につないだり、出力ケーブルを入力端子につなぐような接続はしないでください。
映像や音声の切り替え機(セレクター)と組み合わせて本機を使用すると、映像や音声を正しく出力できないことがあります。
業務用ゲーム機を接続した際の、動作保証はいたしません。
本機はD5(1125p)の映像入力に対応しておりません。
SOTEC社製液晶ディスプレイ「L15ASK1D」はDVIと同じ形状の端子を持っていますが、DVIとはピン配列が違うため、本機には接続できません。
本機で変換して表示される映像は、全てがプログレッシブ表示(ノンインターレース表示)される訳ではありません。ディスプレイの仕様や入力される映像信号の組み合わせによっては、疑似インターレース表示されたり間引き表示されることがあります。疑似インターレース表示される際は、画面にちらつきが発生します。
PAL映像信号や、モノクロ方式(モノクロNTSC信号など)の映像信号を入力した際の動作は保証しておりません。
デジタルRGB(DVI-Dケーブル)でパソコンを本機に接続している場合は、パソコン起動中にケーブルを脱着しないでください。パソコンや、ビデオカードの機種によって、一度ケーブルを取り外すと、パソコン映像が出力されなくなることがあります。
本製品の画質や鮮明度は、必ずしもお客様の納得のいくものではない可能性があります。
SHARP社X68000用ディスプレイや、FUJITSU社FM TOWNS用ディスプレイでの動作は保証できません。
本機を使用すると、画面の走査線を読み取る装置(ライトペンや光線銃など)は利用できません。
本機とパソコン、及び本機とディスプレイを接続する際、DVI-Iケーブル(29ピン)は使用できません。

■ビデオテープの再生映像に関して
ビデオデッキやビデオカメラによるビデオテープの再生映像を入力した際の動作は保証いたしかねます。 ビデオテープの再生映像は、映像信号がたいへん乱れています。このため、XRGB-3やディスプレイが映像を正しく読み取れないことがあり、「画面が歪む」、「画面が点滅する」、「ディスプレイが省電力モードになる」、「画面が表示されなくなる」などの症状が発生することがあります。これは、本機の仕様であり、改善することはできません。あらかじめご了承ください。
■変換した映像に下記の症状が発生します
本機で映像機器や家庭用ゲーム機の映像を変換すると、映像に「遅延」や「コマ飛び」、「がたつき」が発生します。本機での映像の遅延は2フレーム以下です。
子画面表示時の遅延は3フレーム以下です(参考:1フレーム=1/60秒)。
また、液晶ディスプレイの場合、内部の処理により異なりますが、液晶ディスプレイ側で「遅延」や「コマ飛び」、「がたつき」が発生する場合があります。
■業務用途で使用を検討されているお客様へ
本機は、一般家庭でゲーム機などを接続して使用することを前提として開発された、コンシューマ向けの製品です。このため、業務用途で使用された場合の製品の耐久性や保守、サポート面で、お客様のご要望に添えないことがあります。弊社では法人様向けの特別な保守サービスは行っておりません。
また、業務用途で使用された場合、本機が何らかの原因で故障した際の二次的な損害に対しては責任を負いかねます。あらかじめご了解の上、ご購入をご検討下さい。




スキャンコンバーターTOPへ戻る
HOMEへ戻る


<販売元>
株式会社スペクトル TEL:03-3418-2201

<開発元>
マイコンソフト株式会社