このホームページでは、各種モニタ(CRT・液晶・プラズマ)、マウス、キー ボードの
延長・増設、HDDのデータコピー/データ消去、指紋認証など、普段あまり目にする
ことのない製品を取り扱っています。
UNITのホームページへようこそ!!
あなたの選択は間違っていません。 Unit Corporation
株式会社ユニット


5系統入力1系統出力D端子コンポーネントビデオ端子セレクター


販売終了いたしました。ありがとうございました。

XSELECT-D4は、D出力(またはY,PB,PRのコンポーネント・ビデオ出力)を持つ複数のビデオ・ゲーム機や映像機器の映像・音声を、1台のテレビに切り替えて出力する事ができる、映像と音声の切り替え装置です。  
本機には、D1(525i)、D2(525p)、D3(1125i)、D4(750p)の映像信号を入力する事ができます。 本機には5系統の映像と音声を入力することができ、簡単な変換機能や簡単な調整機能(画面のゲイン調整など)を備えています。


特徴1.映像と音声の切り替え
D出力端子やコンポーネント・ビデオ端子を持つ機器を最大5台接続し、映像と音声を切り替えることができます。
D入力端子
(D4対応)
3系統
(2系統はコンポーネント・ビデオ端子と共用)
(1系統はRGB端子と供用)
D入力端子
(D3対応)
1系統
21ピンRGBマルチ入力端子 1系統 (コンポーネント・ビデオ端子と共用)
※本体前面のD端子はD3端子(1125i)です。
D4(750p)の映像信号には対応しておりません。
また、21ピンRGBマルチ端子からコンポーネント・ビデオ映像を入力する際は、1125iまでの映像信号に対応しております。750pの映像信号には対応しておりません。

特徴2.D端子 → RGB変換
D端子やコンポーネント・ビデオ端子の映像信号をアナログRGBに変換し、15ピン・アナログRGB入力端子を持つDOS/Vパソコン(AT互換機)用のパソコン専用ディスプレイ(ブラウン管方式の機種)に表示する事ができます。
  • D1(525i)の映像は、パソコン専用ディスプレイでは表示できません。
  • RGBに変換された映像はガンマ補正などが行われておりませんので、映像の薄暗い部分がはっきり見えないことがあります。
  • この機能を使用して、液晶ディスプレイや液晶テレビ、プラズマ・テレビ、プラズマ・ディスプレイ、及び液晶プロジェクターに映像を表示した際の動作は保証致しかねます。
  • 入力された映像の同期周波数に対応していないパソコン専用ディスプレイには表示できません。例えば、D2〜D4の映像信号を表示させるためには、ディスプレイ側が水平同期周波数31kHz〜48kHzに対応し、垂直同期周波数が60Hzに対応している必要があります。
  • 表示される映像によって、画面の右端や左端が変色したりノイズが発生する事があります。
  • DVDプレイヤーやD-VHSビデオ・デッキ等で映像を再生する際にサーチ(早送りや逆再生)を行うと、画面が点滅することがあります。
  • 家庭用ビデオ・ゲーム機のプログレッシブ映像をパソコン専用ディスプレイで表示させる場合は、ソフトウェアやゲーム機側の取扱説明書に従って画面表示の設定を「プログレッシブ表示」に変更する必要があります。変更するまで、パソコン専用ディスプレイには何も表示されませんので、ご注意ください。

特徴3.RGB(21ピン) → D1端子変換
21ピンRGBマルチ出力(RGB出力)を持つ家庭用ゲーム機の映像をD1端子に変換して見ることができます。
  • D1(525i)に変換できるRGB信号は、水平同期周波数が15kHzの映像信号のみです。
  • この機能で変換された映像信号は、D1入力端子を持つビデオ・レコーダー等で正しく録画できないことがあります。
  • この機能で変換した映像信号の表示はブラウン管方式の家庭用テレビでのみ動作を保証します。
  • 旧型のビデオ・ゲーム機のRGB映像は正しく変換できないことがあります。

特徴4.VGA(31kHz)→ スルー出力
「入力3」のRGB端子に入力された家庭用ビデオ・ゲーム機のVGA映像(15ピン・アナログRGBでセパレート同期信号の映像)を、本機のRGB出力端子からスルー出力することができます。
VGA出力を持つ家庭用ビデオ・ゲーム機(1台)の映像も切り替えてパソコン専用ディスプレイに出力できます。
  • この機能は、家庭用ビデオ・ゲーム機の15ピン・アナログRGB信号にのみ対応しております。パソコンや業務用機器などを接続された際の、動作保証はいたしかねます。また、シンク・オン・グリーン同期信号や複合同期信号のRGB映像を入力された際の動作保証はいたしかねます。
  • この機能で映像信号を正しくスルー出力できる画面モードは、640x480ドット(水平同期周波数31kHz,垂直同期周波数60Hz)の画面モードです。
  • スルー出力した映像は、パソコン専用ディスプレイ(ブラウン管方式の機種)で正しく表示できます。フラット・パネル型のディスプレイやD端子付きの家庭用テレビでは正しく映らないことがあります。

入力側に接続できる映像機器
●D出力端子(図1)または、コンポーネント・ビデオ出力端子(図2)を持つ下記の機器
家庭用ビデオ・ゲーム機
DVDプレイヤー
ビデオ・レコーダー(ビデオ・ディスク・レコーダーやD-VHS等)
BS/CSデジタル・チューナー
●21ピンRGBマルチ出力(15kHz)を持つ家庭用ビデオ・ゲーム機
●セパレート同期信号に対応した15ピン・アナログRGB出力端子(図5)を持つ、家庭用ビデオ・ゲーム機

出力側に接続できる映像機器
●出力側のD端子(図1)に接続できる機器
 D1,D2,D3,D4いずれかのD入力端子(図1)を持つ下記の映像機器
家庭用テレビ(ブラウン管方式のテレビ)※1
プラズマ・テレビ、プラズマ・ディスプレイ ※2 ※3
液晶プロジェクター ※2 ※3
液晶テレビ ※2 ※3
ビデオ・レコーダー(ビデオ・ディスク・レコーダーやD-VHS等)※2
※1:本機への映像入力(入力3)がRGB信号の時、正しく表示できない事があります。
※2:本機への映像入力(入力3と入力5)がRGB信号の時、正しく表示ができない事があります。また、ビデオ・レコーダーでの録画の保証はできません。
※3:D端子ケーブルで接続してください。液晶ディスプレイ、プラズマ・ディスプレイ、データ・プロジェクター等にRGBケーブルで接続された際の動作は保証致しかねます。
 
●出力側のRGB端子(15ピン・アナログRGB端子:図5)に接続できる機器
15ピン・アナログRGB入力端子(図5)を持つDOS/Vパソコン(AT互換機)用ディスプレイ
 (入力側の同期周波数に対応したブラウン管型の機種で、水平同期周波数が31kHzに対応したセパレート同期信号対応の機種。)
図1:D端子
図1:D端子 
図2:コンポーネント・ビデオ端子
図2:コンポーネント・ビデオ端子
図3:音声端子
図3:音声端子
図4:21ピンRGBマルチ端子
図4:21ピンRGBマルチ端子
図5:15ピン・アナログRGB端子
図5:15ピン・アナログRGB端子

入出力できる、またはできない映像信号の組み合わせ
本機は入力される映像信号の方式によって、映像を正しく出力できる場合と、出力できない場合があります。下記表をご覧いただき、お客様の用途に適しているかどうかをご確認ください。
入力 入力の信号方式 出力側での端子での操作
D出力 RGB出力
入力1 D入力 コンポーネント・ビデオ入力(Y,PB,PR) 出力可能 入力がD2(525p),D3(1125i),D4(750p)の時に出力可能※4
入力2
入力3 D入力 出力可能
RGB入力 複合同期信号(Csync)で水平同期周波数が15kHzのアナログRGB信号 保証外 入力されたRGB信号をそのまま出力。(スルー出力。)※4
入力4 D入力 出力可能 入力がD2(525p),D3(1125i)の時に出力可能 ※4
入力5 RGB入力 複合同期信号(Csync)で水平同期周波数が15kHzのアナログRGB信号 RGB入力 複合同期信号(Csync)で水平同期周波数が15kHzのアナログRGB信号 未対応
コンポーネント・ビデオ入力(Y,PB,PR) 出力可能 入力が525p,1125iの時に出力可能 ※4
※4 RGB出力を液晶ディスプレイ、液晶テレビ、プラズマ・テレビ、プラズマ・ディスプレイ、液晶ビデオ・プロジェクターで表示した際の動作保証は致しかねます。ブラウン管方式のパソコン専用ディスプレイに接続してください。
※5 液晶ディスプレイ、液晶テレビ、プラズマ・テレビ、プラズマ・ディスプレイ、液晶プロジェクターで表示した際の動作保証は致しかねます。また、ビデオ・レコーダー(ビデオ・ディスク・レコーダー等)での録画は保証できません。

接続図

製品仕様

本体仕様
入力 映像 D端子(D4/D3)/コンポーネント・ビデオ端子(Y,PB,PR)
 525i,525p,1125i,750p対応※1
 14ピン・アンフェノール・ハーフピッチ/RCA
  Y信号  1Vp-p
 PB信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
 PR信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
21ピンRGBマルチ端子
 アナログRGB入力時
  垂直同期:60Hz、水平同期:15kHz負極性
  RGB信号0.7Vp-p、複合同期信号0.3Vp-p
 コンポーネント・ビデオ(Y,PB,PR)入力時
  525i,525p,1125i対応
   Y信号  1Vp-p
  PB信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
  PR信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
15ピン・アナログRGB端子 HD-SUB
 RGB信号0.7Vp-p(75Ω)
 同期信号
  シンク・オン・グリーン同期:0.3Vp-p(V:60Hz,H:31kHz)
  セパレート同期:TTLレベル0.3Vp-p(V:60Hz,H:31kHz)
  複合同期:TTLレベル0.3Vp-p(V:60Hz,H:31kHz)
音声 オーディオ入力L,R RCA端子
出力 映像 D端子(D4)
 525i,525p,1125i,750p対応
 14ピン・アンフェノール・ハーフピッチ
  Y信号  1Vp-p
 PB信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
 PR信号 0.7Vp-p(±350mVp-p)
15ピン・アナログRGB端子 HD-SUB
 RGB信号0.7Vp-p(75Ω)
 (V:60H、H:31kHz/33KHz/45kHz)※2
 セパレート同期信号(Hsync,Vsync)
音声 オーディオ入力L,R RCA端子
電源 専用ACアダプターにより供給 DC12V 最大消費電流1A 消費電力12W
本体寸法 幅292mm×高さ49mm×奥行き130mm (ボタン,コネクター,ゴム足を除く)
重量※3 本体:約640g ACアダプター:約132g
付属品 ACアダプター,コンポーネント−RGB変換ケーブル,オーディオ接続ケーブル,D端子接続ケーブル,リモコン,乾電池(1個),取扱説明書,保証書,ユーザーズ・カード(ハガキ),サポート・シート
リモコン仕様
通信方式 赤外線
乾電池 リチウム電池 3.0V CR2025x1
寸法 W:55mm x D:7.5mm x H:90mm
重量 約25g(リチウム電池を除く)
リチウム電池仕様
形状 CR2025
電圧 通常電圧:3.0V
端子仕様
D4/D3入力端子
ピン番号 信号 D端子
1
3 PB
5 PR
8 LINE1識別信号:525/750/1125
9 LINE2識別信号:60p/60i
11 LINE3識別信号:16:9/4:3レターボックス/4:3
2,4,6,12 GND(接地)
7,10,13,14 未結線
外周金具 GND(接地)

D4入力端子
ピン番号 信号 D端子
1
3 PB
5 PR
8 LINE1識別信号:525/750/1125
9 LINE2識別信号:60p/60i
11 LINE3識別信号:16:9/4:3レターボックス/4:3
2,4,6,12 GND(接地)
7,10,13,14 未結線
外周金具 GND(接地)
※1:入力3は750pの入力に対応しておりません。
※2:出力同期信号は入力される映像信号によって異なります。
※3:本体やリモコンの重量は、生産時期によって、若干異なることがあります。
ご注意

※1 本機にはスキャン・コンバート機能などは内蔵されておりません。このため、D1入力端子付きのテレビにD2やD3、D4の映像を表示する事はできません。また、D1出力の映像をD2やD3、D4の映像に変換したり、DOS/Vパソコン(AT互換機)用のディスプレイに表示することはできません。
※2 本機には、映像や音声を分配する機能は備えておりません。
※3 本機の15ピン・アナログRGB端子(入力3のRGB入力端子)にパソコンを接続した際の動作保証はいたしかねます。また、このRGB端子にシンク・オン・グリーン同期信号や複合同期信号のRGB映像を入力された際の動作保証はいたしかねます。
※4 本機を介して映像を出力すると、鮮明度が若干低下する事があります。
※5 入出力の端子は正しくご使用ください。入力端子側にディスプレイやテレビを接続しないで下さい。出力端子側に家庭用ゲーム機やDVDプレイヤー等映像を出力する機器を接続しないでください。本機は「5系統入力1系統出力」の切り替え機です、「5系統出力1系統入力」の切り替え機として使用することはできません。
※6 分配器等を経由して本機に映像や音声を入力すると正しく出力できないことがあります。
※7 本機に入力できる、コンポーネント・ビデオ映像信号は、「Y,PB,PR」です。同じコンポーネント・ビデオ映像信号でも「Y,CB,CR」の映像を入力された際の動作は保証致しかねます。
※8 525i,525p,1125i,750pというD端子やコンポーネント・ビデオ端子の信号方式は、映像機器やビデオ・ゲーム機によっては480i,480p,1080i,720pと表記されていることがあります。
※9 水平同期周波数15kHzのパソコン専用ディスプレイでの動作保証はいたしかねます。
※10 家庭用ビデオ・ゲーム機のプログレッシブ映像をパソコン専用ディスプレイで表示されるお客様へ 家庭用ゲーム機やゲームソフトがD2(525p)のプログレッシブ表示に対応していても、多くの家庭用ゲーム機の映像は電源オン時にD1(525i)で出力されているので、ソフトウェアやゲーム機側の取扱説明書に従って画面表示の設定を「プログレッシブ表示」に変更してください。尚、「プログレッシブ表示」に変更されるまでの間、ゲーム機の映像はD1(525i)で出力されますので、パソコン専用ディスプレイには何も表示されません。ご注意下さい。 状況によっては、ゲーム機やゲームソフトの側の設定を変更する際に、一旦、ビデオ・ゲーム機を家庭用テレビに接続するなどし、ゲーム機の画面出力を「プログレッシブ表示」に切り替える必要があります。



スキャンコンバーターTOPへ戻る
HOMEへ戻る


<販売元>

  〒154-0005 東京都世田谷区三宿1-8-10-203
TEL:03-3418-2201 FAX:03-3418-8191
e-mail unit@myshop.co.jp
<開発元>
マイコンソフト株式会社